JUGEMテーマ:関ジャニ∞

 

ずいぶん時間が経ってしまいましたが、ハイハイのEX単独までに書いておきたいなと思います。

まず、名古屋が死ぬほど暑かった!半端なかった!!グッズ列が混み始める前に行けて、30分くらい並んだだけなんですがそれでも無風で照り返しすごくてマジで30分でペットボトル500ml1本飲み切りました(笑)

 

後日、帰ってきてから頬の肌荒れがひどくて、皮膚科に行ったら日焼けのせいで炎症起こしてると言われました・・・。

今年の夏恐ろし過ぎ。

お席はスタンドの中ほどで、良くも悪くもなく無難な感じ。

 

続きはネタバレになるのでたたみますね。

いろんな感情の入り混じった公演でした。

ライブにおけるすばるの存在の大きさを改めて感じることも多かった。

特にBJとか応答セヨとか、序盤で好きな曲が流れて、どれもすばるの声が伸びやかに響くところが好きだったこともあり、

やはり寂しくて泣きました。

もう自分の記憶の中にあるあの歌声を生で聞くことはないんだな、とどうしても思ってしまいました。

6人を応援するの、無理かなぁと序盤はそういう感想も抱きました。

 

ヨコが「みなさんいろんな気持ちでいると思うけれど、ずべて受け止めます(ニュアンス)」

 

的なことを言ってれくてすごく救われた。私の気持ちもいろんな気持ちも、全部わかった上でステージに立ってくれてるんだな、と。

亮ちゃんがMCも煽りもすごく頑張っていて、もうすでに喉がガラガラしていて心配になりました。

そんなに頑張らないで、と思いつつ、頑張りたいし、頑張らなきゃいけない時だとわかってるんだろうな、とも感じました。

すばる担のこともすごく気遣っていて(すばる担たくさんいた!)、

 

亮ちゃん「渋谷すばる担楽しんでますか?!」

客「イエーイ!」

亮ちゃん「ウッソだあ!」

 

っていうくだりがあって、すばるのいないことの大きさを一番感じてるのはやっぱり亮ちゃんなんだと思いました。

とにかく、エイトがeighterのカウンセラーみたいにすごく気遣ってくれて辛いけど今は楽しもう!って言ってくれて、

そこのところはきっとエイトとeighterは同じ気持ちなんだなって。

エイトがみんな言っていたけど、前に進むしかないから、少しずつ慣れて行こうって。

でもどんな感情を持っていてもいいんだよって言ってくれて、少しずつ6人もやっぱり好きだなと思えるようになっていきました。

 

LIFEを聞いた時、いつもと違う感情が溢れてまた泣いてしまいました。

初めて聞いたときは、バンド曲のシングル化で嬉しい気持ちはあったものの、歌詞もメロディーもそれほどいいと思えなくて、

私の中ではそれほどの比重を占めている曲ではなかったんですが、今回6人のライブで聞いて見て、これは新しいエイトとそれについていくeighterの応援歌なんだと、そう気づきました。

あの時ナゴヤドームにいて、ごちゃ混ぜの感情が刻々と変化していって、そんな複雑な気持ちを道筋を示してくれるような、そんな曲で、一番心に沁みました。

LIFEに関しては、6人バージョンの方も好きになりました。

 

ロマネスクは出だしのすばるパートを6人で。

この配慮には脱帽でした。どんだけみんなすばるのこと好きなのって思いました。

新曲の「ここに」。明るく前向きで、この機会にもらえた新曲としてはすごくいいんじゃないかな。

とにかく今は、早く6人のエイトの歌をたくさん聞いて、自分の心と耳を慣れさせていきたい。

そして、7人では見れなかった新しい景色を見せてくれると信じられます。

 

ヤスは外周を廻るフロート?には乗れなかったし、アリーナ間のトロッコも最初は乗らなくて一人移動式ステージ上にいたけれど、ギターを弾いているときはいつも通りだったし、歩くのもゆっくりなら大丈夫そうだった。

終始ニコニコしていて見ているだけで幸せな気持ちになれたし、新曲の曲紹介の時との大倉との中継ごっことか楽しかった。

最後にハケるとこもメガネ外してくれて、ちょっと大倉とやりとりがあったし、大倉保護者みたいだった(笑)

 

マルはいつも通りに見えたけど、年下組が頑張ってるというか、しっかりしなきゃというのを感じました。

ヨコヒナはちょっと引きずってるなあって感じる部分もありました。

その辺もいつものエイトと違っていて、新鮮でした。

 

 

さっくりとですが、こんな感じです。

とにかくライブ中の気持ちが目まぐるしく変わって、こんなライブは初めてです(笑)

寂しかったと楽しかったと悲しいと嬉しいがごちゃ混ぜで、そんな中終始エイトの愛を感じるライブでした。

 

 

ありがとう。また会いにいきます。

 

 

  • -
  • 20:54
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM